2007年9月18日 (火)

乳がん検診に行ってきました

本日は、もよりの病院へ 乳がん検診に行ってきました。
去年、おととしは、勤務先の保険組合の健康診断に追加料金を払って
マンモグラフィーを受けていましたが、
今年は、超音波の検査を。

<マンモグラフィーの検査>
乳房を、板で挟んでつぶして、X線をとって癌がないか調べる検査です。
乳房をはさむので、痛みを感じる・・・という人もいますが、
はさむこと自体に、私は痛みは感じませんでした。
どっちかというと、上げている左腕の角に器具が当たって、
その当たっていることが痛かったです。
乳房を挟まれても、リラックスするようにすると、痛みはあんまりないそうです。
私が検査に行った先は、検査技師が女性で感じがいい方だったのもよかったかも。

<超音波検査>
胸に、冷たいゼリーを塗って、器具でその場で、
検査技師の人がチェック。
すこーし、ひんやりするし、胸がべちゃべちゃになりますが
(もちろん検査後に温タオルで拭きます)
この検査は痛みはなし。
マンモが、痛くて嫌ー! という人にいいかもです。

<触診>
お医者さんが、胸をくっつ、くっつ、と触って
しこりがないか確認してくれます。
・・・むかーし、行った先では、お医者さんに
乳房の大きさまで確認されたけれど (ちなみに中くらいといわれた)、
関係あったのかな・・・。

年齢によって、マンモがと超音波のどちらが効果的か、
という違いがあるようなので、
検診予約をするときに、確認してから行くのがいいと思います。
マンモやっていない病院もありますし。
また、お医者さんに、
「自己検診もしてくださいねー♪」
と、言われました。
これも、大事かも。

乳がんは、羅漢率が増え、毎年1万人が亡くなっている病だそうです。
70代、80代でもなるそうなので、
「もう、年だから、乳がん検診なんて・・・」
なんてこといわずに、年に1回 受けましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)