2007年12月 1日 (土)

国際ロボット展に行ってきました

本日まで開催の「国際ロボット展」に行ってきました。
場所は、ビックサイト。
大きなイベントです。
まずは、工業用ロボットなどを見て楽しみました。
溶接用、物流用など、たのしーい!
工業用のロボット、実物を見るのは初めて!
1128_002 こちらは、川崎のロボット。
ルービックキューブをするロボットです。
まず、6面全部を認識し、
あわせ方を計算して、
キュービックの面を合わせます。
ルービックキューブをあわせるロボットは、他の会社でもあったのですが、
目立つ場所にあったこちらの方が人気でした。

1128_003 1128_004 1128_005
こちらは、YASKAWAのロボット。
前屈姿勢になって、
床においてあるペットボトルを
取ったり、おいたりできる
すぐれもの。
1128_007 1128_008 1128_009
指や、ひじ、などの
関節が動くのが
わかるでしょうか。
すごい!

1128_011 1128_012 1128_013
こちらは、テレビでもおなじみ。
理科大の受付嬢のロボットですね。
横からみると
人間そっくり。
表情もかなりリアルに変化します。
1128_014 こちらは、韓国のロボット。
卓球をするロボットです。
ちゃんと、彼のところに打ってあげないと
返球できないのがちょっと残念。
返球ももうちょっと精度が高いといいかな。
1128_016 1128_017
サービスロボットから、2つほど。
左、富士通。
ショッピングセンターで
お勧めワインを教えてくれたり、
西村京太郎記念館で
接客しているそうです。
右;おめめぱっちりの韓国のロボット。
ARO。
韓国のレストランチェーンで活躍中。
説明員のお姉さんが、一生懸命で好感度高し、でした。

さくっと、大急ぎで1時間半ほど、駆け足で回りました。
じっくり見たら、1日あっても足りないし・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月15日 (水)

観劇 「犬顔家の一族の陰謀 金田真一耕助之介の事件です。ノート」

本日は、劇団☆新感線2007年夏休みチャンピオン祭りの
「犬顔家の一族の陰謀 ~金田真一耕助之介の事件です。ノート」を
観てまいりました!
ずーっと前から、チケットを取っていたにもかかわらず、
最近、諸事情により観にいくことができなそうだったのですが。
なんとか、観にいくことができました!
うれしー。

<ストーリー>
NYで活躍する演出家 犬顔大(いぬがお まさる:池田成志)の
凱旋公演 「オペラ座の怪犬」の舞台で殺人事件が!
新進女優の大地マヤが、舞台の小道具で何者かに
殺害されたのだ。
そんなとき、探偵かつ、売れない戯曲家の金田真一耕助之介の(かねだしんいちこうずけのすけ:宮藤官九郎)元に一本の電話がかかってくる。
それは、犬顔家の弁護士助手である糠橋からのものだった。
犬顔助左衛門助助(いぬがお すけざえもんすけすけ:橋本じゅん)の
遺言状のために、これから起こるであろう惨劇を阻止してほしい、との依頼だった。
土曜ワイド劇場のシナリオライターと名乗って
犬顔一族の住む湖のほとりに着く 金田真一耕助之介。
だが、そのときから、惨劇は始まったのだった・・・!!

<感想>
夏休みチャンピオン祭り、というとおり、
今回は、祭り要素(とにかく、笑え!!)というお芝居。
下ネタも、とーーっても満載。
「芝居」といっても、「祭り」でした、本当に。
個人的には、「いのうえ歌舞伎」も好きだけれど、
こういった、もう、がんがん 飛ばすぞ!
という祭り物も大好きです。
ええ、大笑いしましたとも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月14日 (土)

舞台鑑賞 TEAM発砲・B-zin 「ジューゴ」

解散公演です。残念・・・。
まだ、続けてほしかったのに。

<ストーリー>
大人気漫画、「ジューゴ」。
その漫画を、バーチャルゲームにした世界。
特殊なアイマスクをすることにより、その電脳世界に意識は転送される。
その世界で、参加者9名は銃で戦い、最後の勝者が伝説の銃を
手に入れることができる。
この世界の保安官を勤める バレッタ。彼女は、原作には登場しないキャラだが、
参加者のガイド役として、バーチャル世界上に設定されたキャラだ。
参加者がゲームを楽しむなか、突然、ハッカーによるシステムエラーがおき、
現実世界に戻ることが不可能となる。
バレッタは、「伝説の銃」を手に入れ、ラストターゲットをヒットして、
ゲーム・エンディングを迎えることにより、現実世界に帰ることを提案する。
だが、参加者の中には、現実世界に戻りたくない人もいて・・・。

<感想>
今回は、.hackの設定にちょっと似てるかなー。
逆に、ガンダムネタとかはあんまりなかったと思います。
もっとも、気づかなかっただけなのかもしれないけれど。
今日は、満席で、パイプ椅子で見ている人までいたけれど、
平日はけっこう席があるそうです。
ぜひ、平日に行ってみてください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月31日 (日)

「スーパーエッシャー展」に行ってきました

Bunkamuraザ・ミュージアムで1月13日まで行われている「スーパーエッシャー展 ある特異な版画家の軌跡」を観にいってきました。
開始前に、前売り券を買っていて、やっと行くことができました。
M.C.エッシャー(1898-1972年)は、オランダの版画家。
「だまし絵」で有名な人です。
ハウステンボスにある、彼のだまし絵の中に入ることができる・・・という3Dライドに乗ったことがあって、これがなかなか面白かったです。
今回は、彼がだまし絵を描く前の作品も展示されています。
正則分割の作品もとっても面白い!
「昼と夜」という作品は、シンメトリーになっていて、1枚の絵の中に、昼と夜が描かれています。って、文字だけ読んでも、??だと思うので、ぜひ、期間内に観に行ってみて下さい。
開場では、DSLightを無料で貸してくれて、作品ガイドを聴くことができます。ペア用もあるので、デートで行くのもいいでしょう。
0612_269 0612_270
で、こちらは、出口のところにあったガチャガチャの中身。
左が、200円。6種類あるなかから、「でんぐりでんぐり」。
でんぐりでんぐりは、エッシャー作成の架空の生き物で、足が6本。丸くなって転がって進むことができるのです。
右は、300円のフィギア。これは、作品のモチーフにもなっているものですが、もともとはエッシャーの義理のお父さんからのプレゼント。ペルシア神話に出てくる霊鳥です。
「でんぐりでんぐり」は、欲しがった同行者にあげました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月14日 (土)

観劇 「マジヨ」TEAM発砲・B-zin

本日は、新宿の全労済ホール/スペース・ゼロで行われた「マジヨ」を見てきました。

33歳の魔女っ娘 ハナビ。
魔法界から、人間界に「賢者の石」を探すためにやってきました。
賢者の石は、人間を助けた時、その笑顔から生まれると言われています。
その石を手に入れたとき、魔女は魔法界の女王となるのです。

ハナビは、魔女の証、「クジケ草(ソウ)」ステッキを持ち、使い魔のワビスケと共にやってきてはや20年。まだ、「賢者の石」は手に入れていません。
最初4枚あったクジケソウの花びらも、今では2枚。それも、今回秋葉で無銭飲食をした王子コスプレをした男からメイドさんたちを助けた時に1枚散ってしまって大ショック!
魔力は減退、このままでは、人間と結婚して人間界に残るかそれとも、魔界に帰って老魔女になって暮らすか・・・・。
大ピンチ!

0610_029 ハナビ役の小林愛さんの、魔女っ娘コスプレ、可愛い。
随所にちりばめられたガンダムネタ。
キューティハニー、デビルマンなど。
そのあたりのアニメを見ていた人には、うれしい。
あと、電車男ネタもありましたね。
月曜日は、まだチケットがあるらしい。
上記のアニメなどを見ていた人には、ぜひ行っていただくと気に入っていただけると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月13日 (水)

BostonのCow Parade (いただきもの

丸の内 Cow Paradeについて、書いていたら、なんと友人からBostonの Cow Paradeの写真をいただきました!

Img_2746 Img_2736 Img_2734 Img_2733 Img_2719

なんと、ボストンでも、やっていたのですねー!
ボストンは大学の多い、美しい街、ときいたことがあります。
いつか、行ってみたいです。

それにしても、本当になんで牛なんでしょうね・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 1日 (土)

TEAM発砲☆BIJIN 「テングメン」を観てきました

下北沢 本多劇場で、TEAM 発砲☆BIJINのお芝居「テングメン」を観てきました。
今回は、戦隊物でもなく、なんと、時代劇。
しかも、18禁!
時は元禄。
1人寝のさびしい女性が、神社の賽銭箱に 投げ文をすると、夜、その女性を慰める 腰に「天狗」の面をつけた男性が、やってくる。
彼は、その「天狗の面」の長鼻で、女性を慰めるのだ!
という、設定のお話。
この男性、「テングメン」の恋物語なのですねえ。
18禁だけあって、きわどい(?)シーンもあるのですが、笑える! 笑える!
観客には、けっこう 男性も多く(戦隊物が多い劇団だからでしょうか)、みなさん、げらげら笑ってました。
DVDも販売するそうだし、この後、神戸で公演(しかも、チケット残っているそうです)ので、興味がある方は、ごらんになってみては。

秋には、魔女っ子コスプレ物、「マジデ」の公演があるそうです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)